Vライン脱毛、デリケートゾーン脱毛と服薬

 

光脱毛でも、最初のカウンセリングでかなり色々なことを聞かれたり、質問シートに答えたりします。

なんでそんなに細かいこと聞かれないといけないのだろう?と考えたことはありませんか?

実は光脱毛やレーザーによって、皮膚への刺激や発作、副作用を起こしやすくなる病気や薬があります。また妊娠中や授乳期など、ホルモンバランスが崩れているときなどは施術を控えていただくこともあります。

女性の体は非常にデリケートでもあり、これくらいならという油断が事故につながり、皮膚や体に取り返しのつかないダメージを与えてしまっては仕方がありません。

持病がある人は脱毛は難しい?

もちろん専門医の診察を受けながら脱毛するのなら安心です。そのため、持病があったり、また服用している薬が副作用を起こしやすいものである場合は、脱毛サロンでは施術を断られることがあります。

美容皮膚科、レーザークリニックではその人にあった施術やレーザーで治療をすすめてくれますので、一度相談にいってみましょう。

病状やホルモンバランスが整って健康な状態になってから施術を再開するのがベストです。風邪薬などでも副作用が起こることがありますので、脱毛といっても案外あなどれません。

とくにVラインやIOラインはトラブルが起こりやすいので気をつけましょう。体調を整えてから施術を受けるようにし、すこしでも気になる症状があるときは施術者と相談してから施術を受けてください。



アリシアクリニック